自己破産に関する事柄を司法書士が紹介いたします。
借金返済からの脱出方法を一緒に見つけましょう!

増えすぎてしまった借金など、債務整理の解決方法を提案いたします。

エール立川司法書士事務所
TEL:042-533-4711
MAIL:soudan.s@air-tachikawa.com
相談は無料です。お気軽にお電話・メール下さい。

免責不許可事由

裁判所に自己破産の申立をし、破産手続開始決定が出たところで借金が免除されるわけではなく、自己破産の最終手続きである、免責許可決定が出て初めて借金が免除されます。

その免責許可決定を受けるためには、「免責不許可事由に該当しないこと」が必要です。

免責不許可事由とは?

以下が免責不許可事由の一例です。
●借金の使い道のほとんどが、競馬やパチンコ等のギャンブルによる場合
●借金の使い道のほとんどが、多額の買い物や飲食等、収入に見合わない浪費行為による場合
●特定の債権者のみを有利に扱って、偏った返済をした場合
●(申立後に)裁判所から定められた期日に、理由もなく出頭しなかった場合
●破産管財人からの質問に回答しなかったり、または嘘の回答をするなど、不誠実な態度を取った場合

免責不許可事由があると自己破産できないの?

免責不許可事由があっても、裁判所や破産管財人が「この人は更生してくれるだろう」と判断をする場合は、最終的に借金を免除してもらえます。

ただし、免責不許可事由にあたる行為をしたことについての反省の態度を示すことが必要であることは、言うまでもありません。

それでも、免責不許可事由に該当するからといって、必ずしも借金が免除されないというわけではありません。
安心してご相談下さい。

対応地域


関東全域

東京都
立川市、国立市、昭島市、武蔵村山市、福生市、国分寺市、日野市、八王子市、調布市、府中市、東大和市、東村山市、清瀬市、東京都三多摩エリア、東京都23区内、他全域
山梨県
甲府市、上野原市、大月市、都留市、他全域
神奈川県
横浜市、川崎市、相模原市、他全域
千葉県
千葉市、柏市、習志野市、他全域
埼玉県
さいたま市、川越市、所沢市、他全域
茨城県、群馬県、栃木県

上記エリア以外の方からのご相談もお待ちしております。


Copyright© 2007-2011 エール立川司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by k2-s.com
トップページ
自己破産とは?
自己破産Q&A
免責不許可事由
自己破産手続の流れ
自己破産のメリット・デメリット
グレーゾーン金利について
改正貸金業法とは
管理人から皆様へ
事務所概要
お役立ちリンク集
事務所案内

エール立川司法書士事務所
司法書士 萩原 啓介
・ADDRESS
〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-10-5
大雅ビル2階
・TEL
042-533-4711
・MAIL
soudan.s@air-tachikawa.com
・URL
http://www.air-tachikawa.com
・MAP

モバイルページ

携帯版ホームページ開設しました。
http://www.air-tachikawa-mobile1.com
ぜひご覧下さい。
(クリックでも開けます。)

お客様の声ブログ

・当事務所でご相談いただいた「お客様の声」を紹介したブログです。
※事前に許可をいただいた方のみの掲載となっております。
「お客様の声」ブログ